仕事じゃねえんだ、まじめにやるぞ。〜アラフォーからはじめるYOGAとRUN〜

アラフォーまっさんがヨガとヤマとマラソンにチャレンジするブログです。「ひととくらべない」をテーマに日常のよしなしごとを徒然なるままに。

【月報】8月ふり返り(マラソンはもういいかな。)

歯が痛いよう、まっさんです。8月のふり返りを忘れてましたね、なんだかこんなのも少し面倒くさくなって来ているのだけども。

f:id:kazz-matsumura:20210903135029j:plain
山は美しすぎるんだよなぁ。


8月ふり返り

f:id:kazz-matsumura:20210903135251j:plain
まぁ、こんなもんだ。
走ってないけど歩いてる、みたいな。
閾値走とかペースランニングとかの類のものは忘れてしまったかのようにほとんどやってない。

祭りは終わった

f:id:kazz-matsumura:20210903135451j:plain
petaさんも書いていたけどこれなんだよなぁ。
走ることは相変わらず面白いし、続けて行くんだけどさ。

ラソンを始めた3年前と今はだいぶ状況が違って来て、盛り上がってたはてブロチーム!とかブログ村なんてのももうやってる人があまりいなくなってしまったし。

仲間ももうブログをやめてしまったとか書かなくなってしまった人が多いしやってる意味は?なんだよなぁ。

そして、捨てるのが好きな自分は、( ゚д゚)グワァTシャツだとかはてブロTシャツだとかもう着なそうなものを大抵処分してしまった。

コロナは関係ない

と言いたいところだけど、

申し込み→中止

の無限ループに些か嫌気がさして来てしまった。
今月も松本や水戸の中止が決まったし。
おそらく東京も同じ憂き目に遭うのだろう。
いくら工夫を凝らしても「やるなよ。」という圧力にはなかなか対抗できない、特に規模が大きくなると。

こんな単なる風邪みたいなものが、文明だとか解析技術が発達したばかりに急に怖しいものになってしまった。そんな風に事実が判明するまではもう大会は無理だろな。

カブトムシだって遠くから見ていたら気にならないけど近づいて裏返してよく見てみたら、気持ち悪いもんだ。え?なんかちっと違う??
f:id:kazz-matsumura:20210903151115j:plain
よく見たらダメなのよ。キモい。

ランの楽しみ方

今までは走ったらTwitterに投稿して、みんなにイイねもらって自分も走ってる人を見つけてイイね!して、やる気もらって!!

なんてやってたけどだんだん8月は面倒くさくてやらなくなって来てしまった。

そもそも走ってる仲間はStravaで繋がっててどんな練習してるかなんてすぐわかるし、LINEで連絡取り合って一緒に走ったりするし。

あえてTwitterで知らない人までに練習を発表しなくてもいいかな、なんて。思って来てしまっている。

ランの楽しみ方は基本的には山のシーズンに入った時にパフォーマンスを低下させないために毎日のジョギング、登りの練習。になるかな。
実はそれしかやってない今シーズンは山で調子が良すぎる。

ランは小さい大会に出たり、小規模でも楽しめそうなトレランの大会に出たり、に変わって、、、否、、、戻っていく感じになるだろうな。

ラソンを始める3年前に戻るだけだ。
(しかもたくさんのマラソン仲間はそのままに。)

"Sub50"を目指したものの

なんか自分には荷が重いというか
器違いだった気がする。

"Sub50"するには毎週のスピ練とロング、「やらなきゃいけない」練習みたいのが多いし、体重もあと10kgくらい落とさなきゃ(現在72kgですwww)とかそんなプレッシャーもあって。

誰かもTwitterで書いていたけど「辛くてもやらなければ」みたいな気持ちでストイックにランに取り組むのはなんか違うなぁと思って来た。

今の仕事はある程度体重がないと30kgの荷物を背負えないし。

実際にムキになって体重コントロールをして、練習して、とやっていた去年は仕事で調子を崩し仲間に迷惑をかけてしまった。

ラソンは1年に1回位お試しで出て、まぁ
3時間を切れるくらいの走力は維持
していきたい。
(えっ、結構レベル高くね??笑)

そう思ったらなんか気が楽でさ。
とりあえず毎年"Sub3"は目指そっと。

今後の目標

とりあえずやりそうだなぁと申し込んだ
・激坂
・ビヨンドマラソン
に加えて
Izu Trail Journey
に関しては毎年出ているので申し込みだけはしてみようかな。

来年はちゃんと山岳会に所属して山ヤとしてイッパシになれるように山行も重ねて行きたい。
その傍ら、大会があれば100マイルや縦走大会なんかのスピードが無くても楽しめるような大会は目指したいな。


f:id:kazz-matsumura:20210903150627j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210903150619j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210903150623j:plain
山は逃げないし、勝手に中止にならないし参加費も無料なんだよなぁ。

そんなところです。

【山とカメラ】笠〜双六〜西鎌尾根〜槍平ラウンド

らいてふこうとう部、まっさんです。立て続けに参加大会が中止、実はもうマラソンはいいかなぁなんて思っちゃってます、え、なんでかー?、、、だって山は向こう都合で勝手に中止にならないもんな!!さてさて、サンマ氏がまた山に行ったみたいなのでもらった写真を貼っときますね!!

f:id:kazz-matsumura:20210828050152j:plain
この後頭部、、、美しい、、、!


サンマ氏から写真とレポートが届いてますのでそのまま貼っておきますね!!

前日だお!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060635j:plain
寝床だよ!前日は新穂高登山口の無料駐車場に21時イン!!車中泊は天国!!

いちにちめだお!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060457j:plain
まずは笠ヶ岳を目指す、笠新道は4kmで1500m上がる急登だよ!

ちなみに日本三大急登
烏帽子岳のブナ立尾根!標高差1,350m。
谷川岳の西黒尾根!標高差1,195m!
甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根!標高差2,200m!

北アルプス三大急登
烏帽子岳のブナ立尾根!標高差1,350m。
燕岳の合戦尾根!標高差1,287m!
剱岳の早月尾根!標高差2,238m!

f:id:kazz-matsumura:20210831060538j:plain

笠新道を途中まで登り切ると杓子平、見事なお花畑があるよ!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060419j:plain
チングルマの綿毛だよ、花は白くてかわいい花だよ!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060707j:plain
早くも今回のクライマックス?!
笠ヶ岳からの稜線だよ!!
まっさん今のところ日本で一番好きな稜線!
とのことでサンマ氏、いい写真のために粘ったお!

f:id:kazz-matsumura:20210831060654j:plain
シューズはいつも通りのウルトララプターだよ!北アルプス特有の花崗岩流紋岩などのマグマ起源の岩石に対しては超絶グリップを誇るよ!!
f:id:kazz-matsumura:20210831122806j:plain
それもそのはず、アウトソールはクライミングシューズと同じホワイトフリクションコンパウンドを使っているよ!
(アカシャやブシドーはレッドコンパウンドだよ!)

f:id:kazz-matsumura:20210831060449j:plain
笠ヶ岳でとりあえず晴れ間を見つつ山コーヒー☕️曇りの中で一瞬の晴れ間を狙うよ!
とここで撮影のため1時間以上粘る。

f:id:kazz-matsumura:20210831060414j:plain
歩きながら今日目指す双六方面。

f:id:kazz-matsumura:20210831060507j:plain
歩きながら今まで歩いて来た笠ヶ岳方面。

f:id:kazz-matsumura:20210831060436j:plain
大ノマ山、いきなり雷鳥
ここから雷鳥祭りとなる。

f:id:kazz-matsumura:20210831060534j:plain
かわいいよ!らいてふ!かわいいよ!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060542j:plain
みんなメスばっか!
なぜ??あ、サンマ氏がイケメンだからだね!

f:id:kazz-matsumura:20210831060409j:plain
岩に同化しているよ!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060649j:plain
激混み必至の双六テン場も空いてますね!
激混みの時はペグダウンする石の奪い合いになるとか、マジかwww

f:id:kazz-matsumura:20210831060547j:plain
夜は雨→風→のち平穏。

ふつかめだお!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060513j:plain
表銀座方面に朝日が上がったよ!
向こうからこっちを見てる人もいるのかなぁ、朝日に照らされた山塊がうつくしいだろうなぁ。

f:id:kazz-matsumura:20210831060446j:plain
そしてこちらから朝日に照らされた鷲羽岳にカメラを構える人も多かった、もちろん私もその1人。

f:id:kazz-matsumura:20210831060453j:plain
「知ってますか?ヤリドン!を」
笠から槍からいっきにどーん!
の樅沢岳頂上!ここ少しわかりにくいけど樅沢岳から登山道の反対側に少し歩くと、この絶景スポットあるよ!!

f:id:kazz-matsumura:20210831060521j:plain
穂高を目の前に風景写真に無理矢理まっさんの顔を合成してみた合成写真だお!!
(まっさんは家で寝ていたyo!)

f:id:kazz-matsumura:20210831060517j:plain
雲海がきれいだったなぁ。
使用レンズはTamronの28-200mm。
クロップモードで300mmで撮ってます。
風景の切り取り。

f:id:kazz-matsumura:20210831060431j:plain
槍に続く西鎌尾根。
濃淡がきれいに出た写真になりました。
シャープネスを少し上げています。

f:id:kazz-matsumura:20210831060423j:plain
イワギキョウ。
背景に丸ボケがうまく出ました。
これを撮ったのも28-200mmのズームレンズなんです、、、恐るべしTamronのレンズ。
このレンズは
①28mmF2.8の単焦点レンズ
②28-70mmF4の小三元標準ズーム
③70-200mmF5.6の望遠レンズ

の3種類のレンズを買ったのと同じイメージですね、マジお得。

高山植物はすべての植物の原種的なものが多いとのこと、玄人は葉っぱを見ればなんの種類かわかるって事らしいです!
植物の勉強もして山歩きの時に子供とかに教えてあげたいなぁ。

f:id:kazz-matsumura:20210831173810j:plain
槍に向かって歩いているところですね!
SM氏のザックは「if you have 」の"hug"という中型(40L)バックパックとのことです、かなりのものが入ります。
この日は11kgくらいだけど全然いけますね。

f:id:kazz-matsumura:20210831060703j:plain
ハイマツ越しに見た笠ヶ岳
これも28-200mmズームレンズ
(28mm F2.8)で撮っています。
ズームレンズなのにこの明るさとボケ感。素晴らしいです。

f:id:kazz-matsumura:20210831060503j:plain
西鎌尾根1
比較的険しい地形の西鎌尾根
西鎌尾根は、南北の方向から発達した氷河によって削られてできた険しい山稜地形となっており、このような氷食地形のことを『アレート地形』と呼ぶようです。
形成過程は槍ケ岳の穂先やその先の大キレットなどと同じです。
地質の勉強も楽しいですね。

f:id:kazz-matsumura:20210831060557j:plain
西鎌尾根2
岩の上を歩いていく感じですが西鎌尾根は歩きやすいと思います。
時々ですが冬道に入り込みそうになることあるので注意かな。

f:id:kazz-matsumura:20210831060602j:plain
千丈乗越。
ここから槍平小屋に向かって本日は下山。
十分楽しめました。

f:id:kazz-matsumura:20210831060427j:plain
空は青すぎるし雲もない。
登山者が1名写っているのが見えるでしょうか?人間ってちっこいわ、いやほんと。

f:id:kazz-matsumura:20210831060553j:plain
チビ谷まで降りてくると岩質が変わります。
これは閃緑岩??
岩としては摩耗に強い、歩く身としては少し滑りやすい岩質になります、水に濡れるときれい。

f:id:kazz-matsumura:20210831060525j:plain
穂高平小屋、寄らずに歩き切る予定が「氷」
ののれんに足止め食いました。
山荘にはとても仲が良く、優しいご夫婦。
ゆっくり休んでいきー!と声かけてくれていろいろ話しました。

f:id:kazz-matsumura:20210831060711j:plain
新穂高の入り口!
昨日は曇りだったけど今日はぜーんぶ見渡せますね!!さんま氏も、気持ちよさそうです、いいなー。

f:id:kazz-matsumura:20210831060644j:plain
2日で50km程度の山行。
さんま氏はすごいですねー。

f:id:kazz-matsumura:20210831060639j:plain
イカ??
波田のスイカ、と言うブランドスイカ
市中ではS玉4000円L玉になると6000円超とか!

f:id:kazz-matsumura:20210831060442j:plain
形の悪いものを安く売っているお店を見つけましたyo!!
4個買ったら1個おまけ!うぇーい!!
5個で4000円です(安っw)

以上、サンマ氏による北アルプスからの写真付きレポートでした!!

まっさんは休みでしたけどずっと家で寝てましたね。緊急なんちゃら宣言により都民は罰を背負って家の中に閉じこもってなくてはなりません、南無南無。

ラソンは潮時かな

山はいいなぁ、やらない大会ばかりのマラソン、そろそろ潮時かな。
山は勝手に中止にならないし、今回だって交通費込みで15000円くらいだったyo!!
ラソンは仲間も増えたし、勉強になったけどそろそろお山に戻る時が来たかね、、、。

時々効果確認的に走るし、3時間前後では走っていられるように走力は保ちたいけどそのくらいでいいかなぁ、これについてはまた書こう。

【山とカメラ】夏の雲を写す。

緊急なんちゃら宣言なので家で寝てばかりいます、まっさんです。都民に課せられた罰を従順に守らねばなりません。とか言ってたら友人のアマチュアカメラマンのさんま氏が山に行ってきたというので写真貼っときますね!!いいなー。

f:id:kazz-matsumura:20210820230333j:plain
金峰山やら小川山やら瑞牆山に行ってきたんですって!!いいなぁー。


もらい物の写真です。
まっさんは家で寝てましたグーグー(-_-)グーグー

今日のテーマは「夏雲」

とのことです。

夏雲を撮る際の設定とか注意点とか

マチュアカメラマンのサンマさんが教えてくれました!!

F値は絞ろう

シャッタースピードが許す限り絞って撮りましょう!!具体的にはF8-13位で撮ってるとの事です、ふむふむ。

暗めに撮ろう

アンダー補正で撮りましょう、立体感が出ます。オーバーで白飛びした雲はどうしようもならないですが、アンダー補正は雲の立体感を後から見やすく現像できます。

ISO感度があがらないようにしよう

絞って撮るとISO感度が上がりまくってザラザラの写真になります、出来ればISO100、上げてしまってもISO400で。

ブレないように工夫しよう

この設定だとシャッタースピードが遅くなり開放気味になります。そこで!!
三脚立てるとか息止めて撮るとか工夫しましょう、ブレたら写真も人生も終わりやで!!

さて写真を見てみましょう。

f:id:kazz-matsumura:20210820230652j:plain
午後から雨予報とのこと!!
f:id:kazz-matsumura:20210820230627j:plain
サンマさんは時間700mペースで登るんですね、すごいですね!!
バックパックの重さは約10kg前後です、カメラやなんやら入れると仕方ない。とのことです!
身体気をつけてよ!
f:id:kazz-matsumura:20210820230710j:plain
ほー八ヶ岳ですかぁ、縦走したいねー。
f:id:kazz-matsumura:20210820230640j:plain
吸い込まれそうすね。
f:id:kazz-matsumura:20210820230624j:plain
写真で見ると危なそうですが、ちっとも危なくないところで撮ったとのことですー。
これは携帯、空がやけに青く、水色に映りますね。
f:id:kazz-matsumura:20210820230657j:plain
とおく瑞牆山をのぞみますね。
f:id:kazz-matsumura:20210820230635j:plain
謎のドラクエ感出てますね、、、。
f:id:kazz-matsumura:20210820230714j:plain
金峰に向かう途中から振り返って撮りながら進んだとのことです!
f:id:kazz-matsumura:20210820230620j:plain
おっ!勇者、、、ゆうさだ!!
ドラクエしてますねー!
f:id:kazz-matsumura:20210820230643j:plain
これもiPhone。とのこと。
サンマ氏もまっさんと同じTOPO ULTRA VENTURE持ってるんですね!アッパーが柔らか過ぎて岩の多い山ではダメですとのことー。
確かに水からまりの岩山は難しいですね。
f:id:kazz-matsumura:20210820230706j:plain
車が捨ててあったとのことです、朽ち果てつつある廃車って心がドキドキします。
f:id:kazz-matsumura:20210820230731j:plain
水も美しく流れてますねー、流速にもよりますが1/5、F値は20まで絞ってますねー!!
f:id:kazz-matsumura:20210820230616j:plain
ゆうさが歩いてますねー。
f:id:kazz-matsumura:20210820230608j:plain
岩の上から木が生えてたそうです、何百年後には巨木になって岩を割るんですね、すごいです。
f:id:kazz-matsumura:20210820230701j:plain
コケ1
f:id:kazz-matsumura:20210820230727j:plain
コケ2
f:id:kazz-matsumura:20210820230718j:plain
コケ3
秩父は山深いですね!!
苔が主役の森です。
f:id:kazz-matsumura:20210820230631j:plain
if you have の"hug"だそうです!
f:id:kazz-matsumura:20210820230647j:plain
携帯はジョビーで固定とのこと。

f:id:kazz-matsumura:20210820230722j:plain
夕暮れの夏雲とのこと。
f:id:kazz-matsumura:20210820230612j:plain
夜もふけてきたので夜の夏雲です。
釈迦堂PAで撮影したらしいですね!

はやくなんちゃら宣言が終わるといいすね、
それまでまっさんは家でねてます。
グーグー。グーグー。

【山とカメラ】Tamron28mm-200mm購入。

写真を撮るのが好きです、まっさんです。なんかブログ見返してみるとカメラについて書いたりしてないんですよ。うん。ということで今日の記事は「山とカメラ」についてちょろっと。撮った写真等もいれつつ。

f:id:kazz-matsumura:20210816151232j:plain
まっさんの登山靴だyo!!


そもそも写真なんてさ

おこがましいですよね。
忘れるはずの記憶を残しておきたいってのが写真でさ。それを写すのがカメラです(あたりまえか。)

椎名林檎さんの「ギブス」にさ

あなたはいつも写真を撮りたがる
あたしはいつもそれを厭がるの
だって写真になっちゃえば
あたしが古くなるじゃない

って歌詞があるんですよね。
まぁ、これがさ、写真の本質をついているなぁと思うのですよ。
写真に写ったものは古いものなんですよ、過去のもの。

逆を言えばさ、より鮮やかな思い出として残しておくこともできるんですよね。

さてさて、戯言はここまで。

山カメラに使ってるのは

まっさんが使ってるカメラはSONYのα(アルファ)ってシリーズのカメラのひとつです。
その中でもまあ「中の中」みたいなスタンダードカメラです。
「α7Ⅲ」てカメラね。これが小さくて軽くて実にいい。


で、このカメラは、
カメラに付いてるレンズ、
これの取り外しができていろんなレンズを付けられる「一眼レフ」ってカメラなんです。

ってことでさレンズ。

レンズが増殖していくわけですよw

f:id:kazz-matsumura:20210816160844j:plain

もともと20年くらい前に使っていたフィルムカメラ用のレンズなんかも今は加工して使える時代なのでガラクタ集めて分解して掃除して使ったりしてるのがカメラの左側のレンズたちですよ。独特の写りします。

f:id:kazz-matsumura:20210816161015j:plain
AUTO Takumar 55mm F2.0(1969PENTAX)
逆光に弱いのでこんな感じとかさ。

今の時代のレンズは向かって右ね。

で、なんでこんなに増殖するかって、まっさんは単焦点ってレンズしかほとんど使ってないんですよ。

単焦点とはなんぞや

なんかだんだん難しい話なってくるけど
単焦点」てのはズームとかできないの。
いわゆる拡大撮影みたいなことができない。

その代わり、そのピンポイントの距離を実に
きれいに切り取るのでなんかものっそいいい感じの写真が取れたりするんですよね。

f:id:kazz-matsumura:20210816151203j:plain
奥多摩湖 留浦の浮橋」
Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8
前の葉っぱをぼかしたこんな写真とかさ。

f:id:kazz-matsumura:20210816151240j:plain
「冷房効かない通勤車両」
Carl Zeiss Batis 2/40 CF
ジムニー君をこんなかっこよく写したりとかさ。

f:id:kazz-matsumura:20210816151228j:plain
「結び目」
SONY FE 85mm F1.8
後ろをこうやってぼかしたりさ。

でもその距離しか取れないのでとても不便。
なので何本も増えていくのよね、レンズ。

そこでズームレンズ

ってのがあるわけなんですけど
(携帯みたいにアップしたり引いたりできる機構付きのレンズ)

重いし、写りをある程度犠牲にするわけ。
まっさん持ってる唯一のズームレンズで撮ったのが鳳凰三山の写真とかね!


f:id:kazz-matsumura:20210816151051j:plain
南アルプスの山深い感じとか。
f:id:kazz-matsumura:20210816151212j:plain
滝が流れてる写真とかさ(鳳凰の滝)
f:id:kazz-matsumura:20210816151151j:plain
黄色い花、、なんだろ?キスゲ??
f:id:kazz-matsumura:20210816151156j:plain
ピンクの花、、、なんだろ???
f:id:kazz-matsumura:20210816151219j:plain
山小屋で淹れてもらったコーヒーとかさ
f:id:kazz-matsumura:20210816151245j:plain
鳳凰小屋の水場
f:id:kazz-matsumura:20210816151011j:plain
写真初心者SS氏がただシャッター押すとこんな感じ。
f:id:kazz-matsumura:20210816151223j:plain
何も見えない北岳方面とか
f:id:kazz-matsumura:20210816151215j:plain
南アルプスの岩稜帯にしか咲かないタカネビランジ。
f:id:kazz-matsumura:20210816151200j:plain
山頂の鉄パイプのオブジェ。これなんなの?
f:id:kazz-matsumura:20210816151207j:plain
薬師ヶ岳の山頂から。

まぁ写真なんて自己満足

自分の思い出に残ればいいのだから、写真なんて自己満足ですよ。

え、今週末晴れるやん。
道どうなってるか?だけどなんかそのへんの山行けるか?

ライチョウ歩いてるのに遠くて写らなかったらどうしよ!!!
なんて思ったらさ。

ぽち。



これはどうやって撮ったかって?

f:id:kazz-matsumura:20210816151236j:plain
これはiPhone12なんすよね。
iPhoneは12になって、カメラ性能がアップ。
うまく撮るとすげー写真取れるからそもそも広角レンズなんていらないかなって最近思ってるwww

え、じゃなんでカメラなんて持ってくんだ?
えーっと、そんなこと言うなよーwww

youtu.be

RUNとパックラフトを組み合わせた新しい遊びだぜ!

遊びの天才!?まっさんです。最近最高に楽しいRUN and+αな遊びを発見してしまったのでご紹介したいと思います!!here we go!


f:id:kazz-matsumura:20210813081906j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210813081901j:plain
後ろ(左)からと前から(右)。


Packraft(パックラフト)って?

「パックラフト」はアラスカ生まれのゴムボートなんですよ!アラスカの荒野で川を下る、横切るためにpackingできるraft(ゴムボート)なんです!

普段は空気を抜いて運べます、ほらね、こんな感じで。


f:id:kazz-matsumura:20210813082426j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210813082423j:plain
かなりちっこくなります。

まっさんのPackraftは「ALPACKARAFT」というハンドメイドのメーカーです。

f:id:kazz-matsumura:20210813082734j:plain
この中のMedium(Yak)ヤック(173cm〜183cm)というモデルを買いました、身長はサバを読んだわけではなく、小さいうちなら娘を乗せられるかなーー、なんて。

日本では代理店がかなりエグい商売しているのでほぼ入手不可能なんですね。
(ツアーに参加した人の中から抽選で買えるしかも船だけで20万円弱とか)

個人輸入したので半額です。
いろいろ大きさとか装備とか指定できて自分の舟にしてもらいました!
半年待ったけど。

RUNと組み合わせるよ!

さてさて、進水式の前に背負って走る。
コレはなかなかPackraftな人たちもやらないのでは?(みんな電車や車でスタート地点に行く)

f:id:kazz-matsumura:20210813083225j:plain
スタート位置まで走る(視線)

靴はまだ色々検討中ですが水陸両用のコイツで!
f:id:kazz-matsumura:20210813083307j:plain
ルナサンダルな。うん。

背負うPack(ザック)はパーゴワークスのcargo55!

f:id:kazz-matsumura:20210813083858j:plain
究極のマルチパーパス!(現代版背負子)

f:id:kazz-matsumura:20210813083358j:plain
オールの収納に難あり。(2分割から4分割に改造、解決済)

f:id:kazz-matsumura:20210813084339j:plain
航行中は船に敷いてクッションに。
振り回せば乾く素晴らしさ。

青いのは防水バック。

進水式

youtu.be
簡単に膨らむよ!!

アラスカからきたアメリカ製のゴムボートだけどお神酒でお清めだ!!
f:id:kazz-matsumura:20210813221348j:plain

勇んで出港!!
youtu.be
なかなかいい感じですよ!!

いつものジョグコースを気持ちよく下る。
f:id:kazz-matsumura:20210813223236j:plain
川面を拭いてくる風は気持ち良い。

f:id:kazz-matsumura:20210813223240j:plain
いつも走る四谷橋を下から見るよ!!

調子に乗ってたら、、、!

大転覆だぜ!!
youtu.be
OAKLEYのサングラスをなくしたyo!!

f:id:kazz-matsumura:20210813222813j:plain
いちばん気に入ってた右上のやつ!!
PolaWing-spXの偏光に変えてあるやつ!!

くそおおおおおおおおお!!

とも思わず、ああよかったーみたいな気持ちで漕ぎ出すもサングラス無くしたのがじわる。
今更だけど少し探せば良かったかなぁ、、、。

そんなこんなで

f:id:kazz-matsumura:20210813223606j:plain
8km川下り!!

からの、、、!
f:id:kazz-matsumura:20210813083221j:plain
RUN30分。

f:id:kazz-matsumura:20210813223718j:plain
ランは10km弱。
荷物はラフトは2.6kgしかないんだけど、オールやら救命胴衣やらいろいろ持つと約8kg。
いつも背負ってる半分以下なので楽ちん。

今後もこの遊びは継続しよう。
パックラフトを買った方!!
一緒に川下りしようぜ!!!!

f:id:kazz-matsumura:20210813224040j:plain
いい川旅でした!!

あっ、、、マラソンの練習せな、、、。
ま、いっか。

【月報】咲いた咲いたひまわりが咲いたよ!

7月の月報忘れていたよ、まっさんです!オリンピックも昨日で終わりな感じの時に思い出しました、よってサラッと書いときます。

f:id:kazz-matsumura:20210808154544j:plain
なんかとにかく咲いた。ハムスターのエサ。


咲いた咲いた

6月の終わり頃に娘と植えたひまわり。


f:id:kazz-matsumura:20210808154915j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210808154857j:plain
ひまわりのタネが高いのでハムスターのエサのひまわりを300円分買って撒きまくったら立派にひまわりが咲いた。

f:id:kazz-matsumura:20210808155014j:plain
ほらね。
f:id:kazz-matsumura:20210808155050j:plain
なんかもう。
f:id:kazz-matsumura:20210808154958j:plain
生命力が素晴らしいというか。
f:id:kazz-matsumura:20210808155041j:plain
手入れしてる花壇もよく咲いてる。

ひまわりって夏の花だからなー、
夏が大好きな自分は大好き。
来年はもっと壮大にあちこちに植えよっと。
走りながらランコースにタネでもまくか。

7月月報。


f:id:kazz-matsumura:20210808155329j:plain
f:id:kazz-matsumura:20210808155323j:plain
このような感じでそれなりに頑張ったけど。
去年のように毎月500kmには程遠い。

理由は分かっており、

「仕事の負荷が増えた」

これに尽きる。

f:id:kazz-matsumura:20210808155457j:plain
たくさん歩いてはいるのでよしとします。

仕事が落ち着いてきたら徐々に強い練習も入れて行きたいですけどしばらくは山練とジョグかな。

10月マラソンやるかわからんですね、やっても"Sub3"狙うのがやっとかな。

年末締めくくりに、とビヨンドマラソンも申し込みましたのでここで狙いに行くかな。
今年は公認とか云々じゃなくどこかの大会でしっかりひとつ結果出したいなぁ。

f:id:kazz-matsumura:20210809133759j:plain

夏の煮込み2021 まっさんVER.

まいんち、あついやね、まっさんです。みなさん、22世紀が生んだ超絶料理人、ポ・ペータさんを知っていますか?え、まだ22世紀が来てない?そうですか、まいんち暑いやね。うん。ということで、今日はぽ平太風煮込みを作ってみるよ!

f:id:kazz-matsumura:20210801185110j:plain
完成だお!!


まずは!!

これを読んでよ、話はそれからだ!
idearut.hatenablog.com

ぽ・平太さんは"Sub50"を狙うランナーさんなのであるが同時に料理人であり、物書きの才能に溢れたお人なんだ、そうなんだ。

ということで、ぽ平太さんのブログとほぼ内容が同じためここで読むのをやめてもいいです。ほい。

やってみた!!

って事であとは、ぽ平太さんのブログの手順通りに煮込みを作ったら本当に美味しいのができるかやってみたので記録しておく、、、。
という事ですからここからはぽ平太さん風にコピペ書いていく。

さて、つくるお!!

まいんち暑いやね。

あちいけどぽ平太さんのブログを見て煮込みを作ってあげたくなったので作った。

これまでも煮込みは色々作ってきたが、今回はぽ平太さんのまねなので行程をざっくり記しておく。

材料はこんな感じ。

f:id:kazz-matsumura:20210801190314j:plain
左→正規の指定材料、作り方
右→まっさんVER. 以後同じ。

主役は豚白モツ、マルチョウ、牛スジ、の他人丼。

あわせて1.5kgくらい。

脇役はだいこん、ごぼう、にんじん、こんにゃく。豆腐は煮込むと崩れるのが嫌いなので入れない。

今回かった豚の白モツとマルチョウは茹でてあったやつだけど指定通り5分ほど下茹でした。

クサミを消すため。とのこと。指示に従う。
料理はセオリーだ。

f:id:kazz-matsumura:20210801190750j:plain
なんだか鍋にはいりきらず、出足をくじかれる、まあいい。

鍋ににんにくしょうが2片ずつのみじん切りを投入。ごま油二回し。
とのことだが、さっそく指示を破る。

f:id:kazz-matsumura:20210801192159j:plain

にんにくの代わりにたまりにんにく醤油とスライス生姜丸ごと一つに、ごま油4まわし。

狙いはたまりにんにく香ばしさいきなり加えて肉の臭みを消すのと、ごま油が好きだから。
料理は自由だ。



強火で熱したら、牛スジ投入。

とのことで指示通り行く。
料理はセオリーだ。


f:id:kazz-matsumura:20210801191405j:plain

牛に軽く焼き目をつけたら、茹でて水を切った豚モツとガツも投入。
とのことだがガツではなくマルチョウだ。
まぁ、胃でも腸でも良いや、同じ消化器官ではある。

f:id:kazz-matsumura:20210801191548j:plain
なんかこう見るとだいぶ色が違う。
まっさんの方がモツが白っぽい。
うん、たぶんぽ平太さんのモツの鮮度が悪いんだろう。こちらのは仕入れたばかりだ。うん、気にしないでいこ。

混ぜ混ぜしていい感じに全体にヤキが入ったらお鍋にお水を流し込む。

計1.5リットルほど。

とのことだが、あいにく1.5リットルを量ったりする性格ではないため適当に大量の水を投入する。料理は感覚だ。

f:id:kazz-matsumura:20210801191906j:plain

強火のままクツクツ。

アクが出てきたら取る。
とのことだがあいにくそんな時間はない。


f:id:kazz-matsumura:20210801193306j:plain

アクなど取らず、圧力鍋で15分煮込む。
アクがつおい方が人生生き残れる。
そう思うことにした。

灰汁が落ち着いたら弱火にして隣で野菜を切る。いちょう切り。
写真は撮ってないけどこのフェーズでごぼうも切っとく。
こんにゃくも下茹でしてざるで水を切ってスライスしとく。

とのことだが、今日はまっさん邸BBQ。
手際よくやらねばいけぬ、かなっちとjunjiさんも先に来てくれてるので雑だけどスピード重視。料理は手際だ。

f:id:kazz-matsumura:20210801193612j:plain
下茹でしたこんにゃくをかなっちがちぎってくれた。

かなっちがいろんなところを触った手でちぎったこんにゃくだ!!
とpetaさんは興奮していたが、

しっかりアルコール消毒した上で、ちぎるなら手袋を使ってくれよ。
とちみのすけ氏。ライバル同士でも嗜好はだいぶ違うものだ。

次は鍋の方をやっていく。

中火でクツクツやりつつ、酒を多めに4~5回しくらい
とのこと。指示に従う。
料理はセオリーだ。何度も言うようだけど。

f:id:kazz-matsumura:20210801194013j:plain

petaさんちは純米酒ですか、そうですか。
あいにく酒を飲まない我が家は料理酒しかない、くそう。

つぶしたにんにく2片としょうがスライス5枚。

とのことだがたまりにんにく醤油のにんにくとしょうがを適当にブッコム。
少ないよりきっと多めがいい。
料理は多め、カラメ、濃いめだ。
と職場の先輩に教わった。

うまみ補強として、かつおだし5g投入。

え、ここまで人工的なもの入れないでやってきてカツオだしとかどうにかしてる。
でも指示に従う。


f:id:kazz-matsumura:20210801194751j:plain
まっさん邸のダシはコストコで買った高いやつだからきっとここで差がつくはずさ、ふふふ。
ついでに好みでアゴだしもブッコム。
f:id:kazz-matsumura:20210801194905j:plain
意外にも肉料理にはアゴだしの野性味あふれる感じが合うものだ。
料理は経験値だ。


次に、きざんだ脇役の根菜をドバドバっと投入。グツグツ。

煮込みで大事なのは甘味。氷砂糖をたっぷり用意。
とのことだが氷砂糖は梅ジュースを作るのに使い切ってしまって全く在庫がない。
よってまっさん大好き三温糖でいい。

f:id:kazz-matsumura:20210801195118j:plain

脳は甘味を欲している。体内に入れると幸福感を感じる。シャブに比べたら末端価格は安いし、いっぱい入れてやればいい。

全くこの人は天才かよ、この文章力!と思いつつもいっぱい入れてやればいいなら測らないで入れるわ。と、セオリーを無視する。
料理は感覚だ。(入れすぎたw)

甘味こそ煮込みの神髄と考える。この氷砂糖を鍋に投入して溶けたら味見。この時点で「うっわ、あっま!」っとなるぐらいがよい。甘味は味噌や醤油のしょっぱさを引き立てる影の立役者になる。
ふむふむなるほど。

「美味しいものは甘いんだ!」
と途中下車の旅でも阿藤快さんが言ってた。
正論だと思う。
だけど甘味は体をダメにする。早死にしたくないので時々にしよう、そうしよう。

その後、弱火にして1時間クツクツ。

とのことだがあいにくそんな時間はない。
外ではBBQが始まってるけどみんな手際が悪すぎる、外の様子を見ながらこれ以上煮込むのは無理なのでグルグル回してここで完成させる。
料理はスピードだ。

次に味を入れていく。
まずはこいくち醤油。はじめは少な目に50mlほど。
30分くらいしたら白味噌を投入。80g。

A型かよ!

f:id:kazz-matsumura:20210801195819j:plain

こんな細かく測れないし面倒くさいので適当に鍋に特産丸大豆しょうゆ(組み替えではない)を回しかける。

料理なんて材料と色を見ながら、鍋の声を聞いてやればいい。
料理は感覚だ。

煮ていくと、モツとか牛すじとかにくっついてた脂がとけて浮いてくる。

それが1-2㎝の層になる。

f:id:kazz-matsumura:20210801200118j:plain

この脂はうまい。だがこのままぜんぶ残すと40過ぎの内臓では処理できず、食べた後に必ず胃もたれする(重油と呼んでる)。

なので7割くらいは掬い取って捨てる。ちょっと残すのがキモなんだよ。


とのことだが、みんな走ったあとだし、油は多めでもいいや、オレがそんな食うわけでもねえし。油は人を幸せにする。
料理は思いやりだ。

味が決まったら火を落とし数時間寝かせたら完成。

とのことだが、完成と同時にはらぺこさんたちがやってきて寝かせる暇もなく売り切れた。

f:id:kazz-matsumura:20210801200420j:plain
素晴らしいクオリティだとぽ平太先生にも言ってもらえた。

ここまでがんばって作ったのにもかかわらず、SS氏は
「いやー、昨日疲れたからなんの味もしねえや、疲れた時、味なんて濃ければ良いんだよなぁ」

なんていってやがる。

f:id:kazz-matsumura:20210801200611j:plain
たしかにきのうの南高尾山プスで頑張っており、今朝も下山後ロードを12km走ったので仕方ないか。今度は醤油でも飲ませておこう。

f:id:kazz-matsumura:20210801201406j:plain
ぼろくなったので捨てといて下さい。
と前回のランパンに続き、庭に捨て置かれたスポルティバ・ブシドー。
もったいないから綺麗にしてメルカリで1000円で売ってみよう。なんでも売れるのがメルカリだ。

ニンニク唐辛子も添えて。

f:id:kazz-matsumura:20210801201659j:plain

このニンニク唐辛子はタイガーワンという川崎は高津の煮込み専門店(超うまい)のやつを模した。
とのことだが、ちょうど今日、まっさんラー油(小エビと花椒を使った食べるラー油)が出来上がったのでつけ合わせて食べた。

永遠にうますぎる、みんなにも褒めてもらえたのであっという間に無くなったけどよしとしよう。

相変わらずぽ平太レシピは最高だ。

f:id:kazz-matsumura:20210801204115j:plain
こんなぽ平太さんです、最高かよ。


おそまつさまでした。
おそまつさまでした。
いえいえ、こちらこそおそまつさまでした。

え、誰と話してたんだよお前!!

そんな感じです。あBBQのこと書こうと思ったけど疲れたからいいや。